柔道整復学科

日本古来の伝統医術を基本とした外傷治療のエキスパートを養成

昼間部(全日制)9:20~ 募集定員:60名

柔道整復師国家試験 本校合格率

開校以来過去12年間の総合合格率

本校平均

76.7%

全国平均

68.5%

柔道整復とは?

日本古来の武道である柔術から発祥し、わが国で独自に発達した伝統医術です。
「ほねつぎ」「接骨」は伝統に培われた合理的な徒手整復術で、まさしく”手当てをする”という言葉の本質を表しています。患者さんと向き合って症状を聞き、信頼関係をはぐくみながら高度な外傷治療を施す伝統医術なのです。

活躍のフィールドは多岐にわたり、将来的には独立開業し治療家を目指します

資格取得後は、医療機関勤務の他、医師や歯科医師と同様に独立開業するなど、さまざまな選択肢があります。活躍のフィールドは接骨院、整骨院はもちろん医療機関、スポーツの現場、福祉施設など多岐にわたっております。
健康保険が使えることから、近年、接骨院、整骨院のニーズも高まっております。適確な治療方針を打ち出し、適切な処置を施す柔道整復師は、外傷治療のエキスパートとして今後ますます注目を集める職業です。

柔道整復学科のカリキュラム

理解力と技術力向上の効率的カリキュラム

3年後の国家試験合格を実現するため、初心者でも必要な知識・技術を効果的に習得できるように、基礎分野、専門基礎分野、専門分野が1年次から3年次の間に絶妙に効率よく編成されています。
ベテラン講師陣が検証を重ねたカリキュラムは、順を追って学んでいくことにより理論と実技が相互に理解できるシステムになっております。
高度最先端医療を知るための本校独自の特別講義も行います。

本校独自の高度なカリキュラム

本学科では、科学的裏づけをもった柔道整復師の育成を目指し、また、国家試験合格に向けて知識や技術を修得するため、法定単位より多い100単位以上を学びます。本校では、国家試験科目として重要な専門知識分野と専門分野の全科目を2年次で全て学び終えることで柔道整復師に必要な医学知識の全体像が見えてきます。3年次の一年間は国家試験合格に向けたカリキュラムになっています。

入学から国家資格取得までの流れ

柔道整復師を目指して[3年間の道のり]

理論講義の理解と実技実習の習得を目的に効率よく編成された高度なカリキュラム。
医用画像学では最新画像機器を使用し、理解度を深める講義を実践します。

  • null

    入学

    入学おめでとうございます!

  • null

    1年次

    医療人としての一般教養や解剖学・生理学などの専門基礎分野の一部、さらに、柔整師に必要な基礎知識・技術を修得します。

  • null

    2年次

    1年次で習得した基礎医学知識を深めながら、国家試験科目として重要な専門基礎分野と専門分野を重点的に学び、プロの知識・技術を修得します。

  • null

    3年次

    1・2年次で学んだ理論や技術を再度学びます。さらに、模擬試験を行うことでレベルアップを図り、国家試験合格を目指します。

  • null

    認定実技審査

    厚生労働省の外郭団体が実施する実技の認定審査です。柔道整復実技と柔道の二科目が3年生の2学期(11月~12月)に実施されます。

  • null

    国家試験

    3年次卒業間際の3月上旬に国家試験が行われます。本校では1年次から国家試験合格に向けたカリキュラムが編成されており、万全のサポート体制で臨みます。

  • null

    卒業・合格

    卒業おめでとうございます!

  • null

    就職・活躍

    柔道整復師として経験を積み、探究心を持ち続け、患者様に喜んでいただける治療家になりましょう!

在校生からのメッセージ

kawanako-san

川那子 綾乃さん
柔道整復学科・2年(栃木県立さくら清修高校出身)

勉強に不安がある人もスタートラインは みんな一緒! 盛医で自分の夢を掴もう!

Q1. 柔道整復師を目指そうとしたきっかけは?
怪我が多く整骨院に通っていて、その時に出会った先生の治療、コミュニケーション力に圧倒されて高校3年の春にこの職業に就きたいと思いました。

Q2. 本校を選んだきっかけは?
学費の安さ、国家試験の合格率の高さ、駅から近いところ。明るくてきれいな学校だと思いました。

Q3. これから柔道整復師を目指す方へ
私は高校での成績は芳しくありませんでしたが、今は自分の夢、目標があるから勉強が楽しいです。勉強に不安がある人もこの学校ではみんなスタートラインは一緒です。夢、目標を忘れずに勉強に対して嫌な思いを持たずに、コツコツと一緒に頑張りましょう!

mitsuhashi-san

三橋 新さん
柔道整復学科・2年(青森県立青森北高校出身)

地元青森で水泳選手を支える柔道整復師の先生に憧れました!

Q1. 柔道整復師を目指そうとしたきかっけは?
中学1年生の頃に股関節に炎症を起こして初めて接骨院に行き、その時対応してくれた先生が水泳にとても詳しい方でした。柔道整復師という資格を活かして選手を支えることが出来ることをこの時初めて知りました。

Q2. これから柔道整復師を目指す方へ
今まで触れたことのない分野の勉強で、不安に思う部分はあるかもしれないけれど、分からないところは先生が丁寧に教えてくれるので、授業をちゃんと聞いていれば問題ないです。

watanabe-san

渡部 美陽さん
柔道整復学科・2年(秋田県立横手城南高校出身)

医学の勉強は大変ですが、先生方が丁寧に教えてくれます。

Q1. 柔道整復師を目指そうとしたきっかけは?
高校2年のときに怪我をして、整骨院の先生にお世話になりました。それがきっかけでこの仕事に興味を持ちました。

Q2. 勉強のほうはどうですか?
暗記する科目が多くて、オレンジペンと赤シートは必須。ひたすら暗記の毎日ですが、医学の基礎知識が無いと技術も身に付かないと思うので、基礎知識の習得を大切にしていきたいと思います。

kakura-san

加倉 拓海さん
柔道整復学科・2年(岩手県立一関工業高校出身)

校舎が綺麗で、教室、実技実習室も広く、とても勉強し易い環境です!

Q1. 柔道整復師を目指そうとしたきっかけは?
大会で、いつもお世話になっている柔道整復師のトレーナーの先生が怪我をした選手に、テーピングや治療をしている姿に憧れて自分もこの仕事をしたいと思いました。

Q2. 学校の雰囲気はどうですか?
校舎が綺麗で、教室、実技実習室も広く、解放感があります。よく図書室で勉強するのですが、所蔵図書もしっかり揃っており、学生が勉強しやすい環境が整っていると思います。

卒業後の展望

柔道整復師は、求人難の現状で高い就職率を誇っています。さらに、健康保険が適用されていることから、独立開業を目指す柔道整復師も増えています。新しい分野に対応すべく、介護・福祉やスポーツトレーナーなどの需要も高まっています。

就職

接骨院や整骨院での勤務はもちろん、整形外科など各種医療機関のスタッフとして、運動器損傷の治療などを受け持ちます。

独立開業

「自分の治療院を持つ!」医師や歯科医師と同様に独立して開業することも可能。将来まで見通した人生設計ができるのも柔道整復師の魅力です。

スポーツ

捻挫や打撲などへの適切な処置が求められるスポーツ医療。プロスポーツの現場では、選手のコンディション調整や、外傷治療など多くの柔道整復師が活躍しています。

福祉

福祉施設などでお年寄りの機能回復訓練を行うことが可能です。5年の経験でケアマネージャーの受験資格を取得できます。

活躍する卒業生(勤務柔道整復師)

鎌田 健太郎さん

にこにこスポーツ整骨院 院長(秋田県大仙市)
平成24年度卒業

地元就職を希望して、秋田でスポーツ選手を支える当院に魅力を感じ就職を決めました。「生涯健康、脱介護」を理念に地元の中学生はじめ高齢者と幅広い患者層に対応しています。勤務6年目、院長として数字・スタッフ管理で大変な面もありますが、自分を頼って来られる患者さんの症状が良くなる姿にやりがいを感じています。

熊谷 友果さん

西葛西さくら整骨院 院長(東京都)
平成22年度卒業

男女関係なく活躍できる仕事に就きたいと、柔道整復師の道を選びました。当院は、スタッフ全員が女性で、女性ならではの身体の悩みに対応しています。社内研修を通して、マネージメントやマインドも学び、10院以上臨床現場を経験する中、沢山の人と接し人間味が増してきたと思います。やりがいのある働き易い環境です。

佐藤 啓さん

あい鍼灸整骨院 院長(宮城県仙台市)
平成24年度卒業

神奈川拠点の当社が仙台に初出店して2年目。現在は同市内に2店舗目も出店しました。当院は土・日も利用出来る利便性から、同建物ショッピングセンターを利用するお客さんはじめ、怪我で来院する中学生など客足も多く忙しい毎日ですが、5人のスタッフが元気に頑張ってくれています。将来は、自分の院も持ちたいです。

開業!

夢を実現した卒業生

学生時代からサポートしている日体大レスリング部出身の文田さんは2021東京オリンピック日本代表に!

鴨志田コンディショニング鍼灸整骨院

(神奈川県横浜市)

将来はプロ野球に関わる仕事がしたいと思いこの資格を目指しました。盛医卒後トレーナー委託を行う鍼灸接骨院に勤務。プロ野球チーム、日本体育大学レスリング部など様々な競技に携わる中、縁あって日体大レスリング部の専属トレーナーに抜擢。日体大の地元鴨志田で開業するに至りました。将来は、運動療法のスペースとスポーツジム設備を充実させ、運動療法の良さをここ鴨志田から拡げていきたいです。

院長 渡邊 友樹さん

平成22年度卒業

あおがき整骨院

(秋田県鹿角市)

地元秋田鹿角市で昨年春に開業。整骨院勤務7年の間に個人の整骨院や、デイサービスでの機能訓練指導の経験も積み、技術・理論の修得を勤め人の頃より大事にしてきました。地方における医科の減少に伴い、対診の依頼は隣の大館市までと不便を強いられておりますが、これまでの知識と経験を活かし、医師との連携を図りながら、地域に根ざした医療をこれからも展開していきたいと思っております。

院長 阿部 俊輔さん

平成22年度卒業

岩手医科大学附属病院勤務

(岩手県盛岡市)

本校柔道整復学科夜間部2年在学中に岩手医科大学医学部の入試に合格し、本校3年の時昼は医学部、夜は本校柔整学科とダブルスクールとして頑張りました。現在泌尿器科医として勤務する傍ら、大学院(泌尿器科学講座)で更なる研究に研鑽。患者さまの立場に立った真の治療家を目指しこれからも頑張ります。

露久保 敬嗣さん

本校 平成21年度卒業/岩手医科大学 医学部・平成26年度卒業

講師からのメッセージ

医療やスポーツ、介護など多分野で活躍出来る人材を育成

柔道整復師は、医療業界はもちろん、スポーツから最近の高齢化に伴い介護分野にも活躍の幅を拡げています。基本的な知識と技術をしっかり身につけることで、幅広いニーズに対応出来る資格です。そのためには、豊富な経験と知識が必要です。決して簡単な道のりではありませんが、私たちと一緒に頑張りましょう。

柔道整復学科 主任講師

松岡 靖

INFORMATION

null
ウェブパンフレット
パソコンで簡単にご覧いただける学校案内
詳しくはこちら
null
学校見学説明会
授業内容やデザイナーズ校舎を確かめよう!
詳しくはこちら

©2020 MCL専門学校グループ

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?